日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

卒業から6ヶ月後の変化は、いかに

ぼくは「卒業から6ヶ月後の変化」
を見据えて講座を作ります。
 
卒業直後にプラスの変化があるのは
ある意味当たり前で、

講座気分が抜けた後に
どのような変化が起こるか。 
  
だから卒業から数ヶ月後に
ヒアリングを行います。

SP受講生の変化
 
このグラフは、
多くの受講生が終了直後よりも
数ヶ月後のほうが
プラスの変化が大きいことを示しています。 
  
      
今日は約半年前にSP養成講座を卒業した3名の
SPフォローアップ講座でした。
 
SPフォローアップ講座
   
ぶっちゃけ半年後の今どうかを聞いてみたら、、、  
  
  
「結構自分が好きになっちゃいました」
 
「当時は頭でわかってもできないこともあったけど
 結局自分を好きになろうって決めたらできるようになった」
   
 
  
「人との勝ち負けの軸から
 自分が好きかどうかの軸にシフトした」
 

「自分の価値観を壊すことができて
 今までやらなかったことができるようになった」
   
  
  
「自分の好きなことをやろうと決心したら
 不思議と病気がよくなった」
 
 
「嫌なこと、無理してやるのやめよ〜、ってなれた」
 
 
「自分が無理しなかったら
 息子が料理を率先してやってくれるようになった」
 
   
 
などなど
まさに自分の軸が変わって
脱皮しているのを感じました。
  
  
もちろんまだ悩みもあるし、
それについても話しました。
 
でも悩んでいる自分も自分で
受け止めているのを感じました。
  
 
半年後に自分との距離が深まっているのを感じ
とても嬉しかったです。
 
12282856_916400975062174_1595346277_n

   
卒業生との話は
ぼくも気づきが本当に多いので   
これからも定期的に開催していきます。 
  


SPフォローアップ講座



「自分を人生最強のパートナーに
 そこから全てがはじまる」


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ