日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

自己肯定の方法が明確にわかった。10倍払ってもよかった

SP入門講座



セルフパートナーズ さわとん

昨夜はSP(セルフパートナーズ)入門講座
感想にぼくもびっくり。
 
   
「3千円だったけど、ゼロがひとつ多くてもよかった」 
    

 
「今の日本人に、絶対必要!
 明日から知り合いにも使わせてください」
  

 
「あるカウンセリングで自己肯定が大事だと言われたけど
 どう肯定すればいいのかわからなかった。
 逆に負のサイクルにはまってしまった。
 今日は明確な答えがあった。これなら続けられそう」
  

 
 「一言で『俺、すげ〜』って思えた」
  自分で自分のことを謙遜ばかりしていたのがわかった。
 自分の可能性は自分でしか広げられないと思っていたが
 自分を認めれば、周りの人にも可能性を広げてもらえる
 いい意味で、もっと周りに委ねた人生が歩めそう」

 
12270006_915552015147070_162131002_n

     

 
これからもSPを広げていく活力をぼくも頂きました。


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ