日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

調子が悪いときの、さわとんの対処法

先週木曜日に
隠岐諸島での講演のため
米子空港に旅立ちました。
 
しかし
そこから隠岐に向かう
フェリーが欠航。。
 
結局、
講演会も中止~^^
 
 
米子での1日は
楽しかったのですが、
結局その日の夜の便で
戻りました。


で、
心身の疲れからか
翌日の午後から調子がいまいちで、、

やる気があまりしなくなり、、、


今日の午前中まで
だるい感じで
憂うつな時間が
長かったです。

SPちゃん寝るイライラ


いつあがってくるのかなぁ、、

このまま続くのかなぁ、、
みたいな。


自分の能力が発揮できない
もどかしさで
自分を責めたい気持ちも
でてきました。


なんかこのごろ、
体の疲れから
こころの疲れに
つながっていくことが
多いなぁと感じます。



そういうときありませんか?



参考になればと、
今回ぼくが心がけたことを
なるべくそのまんまに
箇条書きで書いてみます。



<行動>

・とにかくゴロゴロして
 こころむくままに
 スマホのゲームをやったり
 将棋をやったり
 ニュースを見てた


・「どうしてもやらなくちゃ」
 のレベルを上げて
 仕事のメールなど最小限にした
 (だいたい、講演等がないときに調子悪くなる)


・とにかく
 やりたくないことはやらないにした


・買い物に行ったけど
 自分の感覚が鈍っていたのを感じたので
 洋服などを買うのはやめた


・食べたいものは食べたいだけ食べた


・パソコンやFacebookは
 見る頻度を減らした


・「どうしたの?」って
 もう一人の自分と対話した

13泣くどうしたの


<考え方>

・どうせいつか復活するだろうと思った


・41年生きてきて、まぁ大丈夫だろうと思った


・今頭を使っても結局後で複雑になるだけだから
 やらないほうがまし、と割り切った


・今回は、体がブレーキをかけてくれたんだと思った


・脳をショートさせてくれて
 「そこまで頭を使わなくっても大丈夫だよ。
  いつもの10%でも十分だよ。
  それで十分さわとんだよ
  それこそがさわとんだよ」

 って言ってくれてると思った(気付いた)。


こんな感じかなぁ。


実際今日起きたときも
だるかったのですが
やらなくちゃいけない仕事をしたら
そこから調子が戻ってきました。


ポイントは

「自ら戻そうとしない」こと。



自分でスイッチをいれるのではなく
勝手にスイッチが再点灯する


このごろはいつも
そんな感じです。


「調子が悪ければそれでいいじゃないか
 無理にあげなくていいじゃないか
 必要だから波がきているんだから」
 
 
って思って
ダラゴロ自分を許してたら
徐々にエネルギーが充満
されたのかもしれません。



実際には文章では
伝わらないところもありますが
まぁこんな感じです。


自分なりに
自分と対話してみました。


SPちゃん話す聴く


みなさんの対処法は
いかがですか。

 

あっ
これがさわとんペースなので
心配しないでくださいね~。


これまでのコメント

  1. 讃岐の果樹農家の嫁さん より:

    初めまして。讃岐の田舎で兼業農家、みかんなど産直に出荷している普通の者です(?)ブログを時々拝見させて頂き、ワー私もさわとんさんの講演会に参加してみたいナーと思ったりしてます。なぜかは、わかりません、すみません。毎日、がんばろー、何もしたくない、行ったり来たり上がり下がりの日々です。もっと近ければナー、飛んで参加させてもらうのに、おしい!コメントらしくないコメントですみません。ブログ訪問で応援してます❗

コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ