日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

【自信のある子どもを Vol.2/7】大事にされていることはわかるよ

前回のブログから7回シリーズで
「自信のある子どもを」と題して
子どもが自信がある子に育つ方法
について、さわとん流にお伝えしています。



今日は
メルマガ読者さんである
福岡のパパさんから頂いた
メッセージをご紹介します。


===

いつもメールを送っていただき
とても感謝しております。

その一つ一つを
ノートに貼り何回も読み、
今後の生き方の
参考にしたいと思っております。

(中略)

今日はさわとんさんの質問に
私なりにお応えしたいと思います。


私の子は中学校のときに不登校になり
高校は何とか通信制に行き、
今は自宅でずっと読書しています。

でも、
料理を作ってくれたり、
毎日一緒にご飯を食べたり、
頼めば犬の散歩をしてくれたり、
ずっと部屋に引きこもって
いるわけではないです。


夕食のときなどに
時々話すことがありますが、


本人の話を聴いて
「・・・なんだね」って繰り返す、

すごいねってほめる、

「お父さんはこう思うよ」
とは言うけど決して
「・・・しなければいけない」
というような強制はしない、

「人間って生きてるだけで
すばらしいことなんだよ、
お前も生きてるだけで
お父さんとっても嬉しいよ」

って言っています。


さわとんさんの言葉を借りて、

「自分を大事にして
はじめて人のことも
大事にできるんだよ。

だからまず自分を
大切にしてね」

といつも伝えています。


これらのことがその子にとって
どれだけ自分のことを
大切にすることになっているのか
今はわかりませんが、

先日その子から、


「お父さんとお母さんに
大事にされていることはわかるよ。

ありがとう。嬉しいよ。」


と言われました。

それを聞いて、
気持ちは伝わっていたんだなあ
と感じ嬉しく思いました。


この先どうなるかわかりませんが、
同じようなスタンスで
その子を見守っていければと
思っています。


=====


福岡のパパさんの
お子さんとのリアルな話
とっても参考になりました。


お子さんからの

「お父さんとお母さんに
大事にされていることはわかるよ。

ありがとう。嬉しいよ。」

という言葉、嬉しかったですよね。
ぼくもメールだけでも感じるものがありました。


お子さんのことを受け止めつつ、
お子さんの気持ちを大事にして、

「自分を大事にしてね」
というメッセージが、

「大事にされている」
とお子さんが思ったことにも
つながっているんだろうなぁって
感じました。

SPちゃん話す聴く


福岡のパパさん
ありがとうございました。


あなたはどのようなことを
思いましたか?


次回の第3回
メルマガ読者さんから
頂いたメッセージをもとにお届けします。


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ