日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

ママトン 【自信のある子どもを Vol.4/7】

「自信のある子どもを」シリーズ
第3回に引き続き今日は第4回です。
 
 
えっと
「ママトン」って知っていますか?


ごく一部では有名人ですが^^


はい、
ぼくの母です。


誕生日にメールすると
「35歳になりました~」
なんて言ってのける
おちゃめな母です。

 
ママトンと呼ばれているので
そう呼ばせてもらいますが^^
少しママトンのことを書かせてください。

さわとん幼少期 ままとん
(↑幼稚園?のころのさわとんとママトンです)

  
ママトンはそんな感じで
おちゃめで人を笑わせますが、
そんなママトンが
笑顔がなくなった時がありました。


ぼくが、うつ病だった頃です。

特に今から8、9年前、
ぼくが重度のうつ病&大腸の手術前は
こりゃおかしいなと
うつのぼくでもわかりました。


ママトンはがんばりやですが
そんなにスマートに
対応するタイプでは
ありません。


ぼくがうつの頃、
ぼくにバレないように
隠れてうつの本を
読んだりしていました。

でもそれにぼくが気付いて
イライラしたこともあった。


2年前にママトンに講演依頼があって
ぼくと接していた頃のことを
話してもらったのですが

「まさかうちの息子が、うつ!?」

というのが
本音だったそうです。


そのときのママトンの講演録は
ブログに5回にわたって書きました。
本当にリアルです。
http://ameblo.jp/sawaton/entry-11551870731.html


何が言いたいのかというと、、

ママトンは
何とかしようって
思ってた。

下手だろうが
色々と考えてくれた。

そのことのほうが
具体的にどう接するよりも
大事だとも思うのです。

それが結局は
伝わると思うのです。



もしかしたら、、

第2回第3回の体験談を見て
 
「すごすぎる」
 
自分にはできない
って比較しちゃった方も
いるかもしれません。


おふたりとも
「そうじゃないよ~
 ほんとは色々だよ~」
っておっしゃりそうな気がしますが、
やっぱりメールだし
そう見えてしまうこともあります。


このシリーズで
ぼくが伝えたい一番大事なことは

「まず自分が自信を持つこと」

です。

でも
そのもっと根底にあることは
「愛」かなぁって思います。


親が子どもに
幸せになってほしい

その気持ちは
やっぱりかけがえがない。


ある意味
方法はどうだって
いいのかもしれません。



あと、
ぼくがうつのとき、
なんかママトンが
ふっきれたと思うときが
ありました。

いい意味で
割り切った気がした。


ぼくに対して、

「どうなってもいいや」

って思ったのかな、
っていうときがあって、

なんかそこから
ぼくも楽になって
ぼくの体調も
いい方向にいった気がします。



自信=愛

自信=自己愛


ぼくは子どもはいないけど
子どもとしての実体験としても
感じたことです。


今日はとりとめがない
感じになりましたが、、
なんとなく
伝わったでしょうか。


親の愛は
やっぱりすごいです。
  

今日はここまでです。 
  
ほめるべき?怒らないべき?
という第5回に続きます。


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ