日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

ほめるべき?怒らないべき?【自信のある子どもを Vol.5/7】

「自信のある子どもを」

第4回に続き、
今日は第5回です。


ほめる
ほめない

怒る
怒らない
 
しかる

SPちゃん 凹みイライラ



ここら辺って
子育てでよく出てくる
テーマだと思います。


「たくさんほめよう」
という話がある一方で、

「ほめすぎはよくない」
という話もあります。


後者は、
ほめられすぎると
「ほめられないと自分はダメなんだ」
って思うようになっちゃう
ってことですね。



また、
「しかると怒るは別で
 怒るのではなく叱ろう」

というようなことも
出てきます。


ぼくもここら辺関心があって
自分なりに調べました。


その中で、
子育てがテーマで講演している
知人に直接話を聞きました。

ぼくも所属している
NPO法人ファザーリング・ジャパン

のメンバーです。

彼の話が一番しっくりきたので
ご紹介します。

要約すると
このようなことを
話してくれました。


=====

ぼくは
ほめる、ほめない、
しかる、怒る

といったところには
フォーカスしていません。


もちろん
色々な論議があるが
そこは本当に難しい。


親であれば
ほめたいこともあれば
一方でもっとがんばってほしいと
本心ではイライラしてしまうこともある。

イライラしたり
怒ってしまうこともある。

そこをあまり制御しても
自分がストレスがたまり
子どもにも逆効果になってしまうことも。

怒るとしかるの違いも難しい。


そこよりも
ぼくが伝えているのは2つ。


ひとつは、

「親以外で
100%受け止めてくれる人」を
作ること。
 
親はどうしたって
色々な気持ちが入ってしまうから
親ではない
友達や地域の人など
受け止めてくれる人を作る。


「この人は
 何でも受け止めてくれる」

っていう人が
一人でもいることが大事。

それが安心感をうむ。

失敗しても大丈夫なんだ、
という土台を作っていく。

SPちゃん話す聴く



そのような関係を作るためにも
自分もそれなりに
地域の活動に参加したり
楽しむことが大事。


通常のママ友以外の場も大事。
それには自分が楽しいことがいい。


核家族化したり
コミュニケーションが
変わってきているからこそ
そのような関係を作る必要性がある。

SPちゃん 歌うほめる



そして
もうひとつは、、

親自身が自分を満たすこと。


。。。


===


2つ目の方は
ぼくが伝えていることと
ほぼ一緒だったので割愛します。



いかがでしょうか。


親として
すべてを自分で
やらなくてもいい。


親にはできないことを
周りの人に任せる、委ねる

周りの人の力を使う

っていうメッセージでも
ありますよね。

 
そして自分も楽しむ。
 

それにはやっぱり

信じること

「親自身の自信」

も大事になってきます。



どんなことを
感じましたか。

今日はここまでです。
第6回に続きます。


これまでのコメント

  1. リンリーン より:

    怒ったり、褒めたりどちらも大切なのではないでしょうか?親として思いを自分の中にためない方が良いのではないか?言いたいことは言う方が、後からでも分かってもらえる。私は最近、子供と接する際、なるべく「~しなさい」を言わないように心がけています。そうすることで子供はストレスを感じないでしょうし、私自身も「してくれない」と思わず済むからです。意外に子供は自分からお手伝いをしてくれたりします。そのときに「有難う」と伝えれば、もっといろいろとしてくれるようになるし、子供自身の成長にもつながると思いますが、いかがでしょうか。

コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ