日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

ゆうこりんと娘さんの変化【自信のある子どもを Vol.6/7】

「自信のある子どもを」
という7回シリーズ

第5回に続き
今回は第6回です。

1ヶ月ぶりになりますが
残り2回を今回と次回で
お伝えします。


そもそもこの連載は

「子どもに自信をつけさせるために大切な3つのこと」

ということで11月に講演した
千葉県八千代市での講演が
ベースになっています。

八千代市自殺対策講演会さわとん151130

 

澤登和夫さわとん自殺対策講演会(八千代市)


その講演でぼくの講演の最後に5分間、
体験談をしてくれたのが
大室裕子(おおむろゆうこ)さんです。

ゆうこりん

ゆうこりんと呼んでいるので
ここでもゆうこりんと
呼ばせてもらいます。

ゆうこりんは30代前半。
2歳の娘さんの一児の母です。

セルフパートナーズ(SP)養成講座の1期生でもあり、
今後は

歌って聴ける
「こころのカウンセラー」

として活動するために
ぼくもその準備をサポートしています。



ゆうこりんは
自身が小学生5年生の時
辛い体験をしています。
 
ちょうど21年前の
阪神淡路大震災、
西宮で被災しました。
 
なんとか倒れてくるものから逃れ、
黒煙の中避難先に行くと
乾パンとバナナ、8人で1本の牛乳。。。

そのストレスは半端なく、
そしてそれを誰にも伝えられず、
ひとり髪をむしり。。。

それから約20年、
長い間本当に苦しい思いを
されてきたそうです。


月日は流れ、、
結婚して娘さんにも恵まれたものの、
結婚してもママになっても
精神的に不安定になることが
多々あったそうです。


だんなさんに当たってしまったり
必要以上に求めてしまったり。

娘さんの前でも不安定になってしまって、
そうすると娘さんも不安がったり、
ぐずったり。。。


そこからどうしても抜け出したいと
SP養成講座を受講し、
そこから少しずつ
自分との距離が深まっていきました。


ゆうこりんが講座で一番
しっくりきたのは
自分との対話


「どうしたの?」
って自分に聞いてみると
結構自分が答えてくれる。


先日会った際も
ゆうこりんはこう話していました。

「夫に当たる前に
 自分の中で「どうしたの?」
 って聞いてみると、
 結構スッキリすることがわかり
 夫に当たることが減りました」

と。


もうひとつよかったのが

「好きなことを大事に」

ということ。


ゆうこりんの場合、
ずっと封印していたものがありました。


それは

「歌」


結婚前はバンドのボーカルも
していたことがあるゆうこりんですが、
結婚したら迷惑をかけてはいけないと
完全に封印していたそうです。

歌うだけじゃなくって
歌をCDで聞くことすら
やめていたそうです。



でも
そのブロックを徐々に溶かしていき、
自分がずっとやりたかったけど
我慢していた歌を
家族の了解を得た上で、
家庭に支障のない範囲でやろうと決めました。


結婚以来初めて
カラオケにも行きました。
(ぼくも一緒に歌いました^^)

DSC06419


自分のやりたいことに気持ちを向けると、
気持ちが明るくなりました。

だんなさんとのケンカも
減ったそうです。


そして、

娘さんの機嫌がいい時間が
格段に増えたそうです。



ゆうこりんは
自分の体験を通して
講演でこう話しました。


「夫婦の問題、
 子育ての悩みの根源は、
 自分の中にあったのだと思うのと同時に、

 子育てで一番大切なのは、
 ママが笑顔でいることなんじゃないかなと
 思います」


さわとん&ゆうこりん講演会(八千代市)



ゆうこりん自身が
体験して出てきた言葉です。


そしてゆうこりんは
講演会でこの話のあとに
ぼくと一緒に

日本セルフパートナーズ協会の
公式テーマソング
「もうひとりの自分」
https://www.youtube.com/watch?v=y7yb9rSX0tc

を美声を響かせながら
堂々と歌ってくれました。

さわとん&ゆうこりん もうひとりの自分


ゆうこりんの
この数ヶ月の変化は
目を見張るものがありますが、

ぼくから見ていて
やっぱり、

「好き」

なことのパワーって
本当にすごいと思います。


どんな小さなことでもいいから
自分に正直になって
好きなこと、
やりたいことをやり
自分を満たしていく。


それが
自分から周りへ、
家族へと広がっていく。

子どもの自信にも
つながっていく。 
    
ゆうこりんを通じて
そのことを強く感じました。
 
  
いかがだったでしょうか。
  
もしも感じたことがあれば
コメント欄に書いて頂ければ
ゆうこりんも読むことができます。
 
 

次回は最終回。 
  
改めて
「自信」
についてお伝えします。


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ