日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

【3/29】伝説の!さわとんファーストライブ〜@下北沢

スクリーンショット 2016-03-23 12.03.54

3月29日、さわとん42歳の誕生日♪
下北沢のmusicバーを貸し切って♪♪
さわとんファーストライブ〜開催決定♪♪♪
    
さわとんオリジナル曲、なんと6曲を含む
音楽がメインの人生初ライブ〜です。 
 
  
  
さわとんが制約をすべてとっぱらったら
一番やりたいのは歌うこと。
とにかく歌うことが好き。
無条件に気持ちがいい。
   
 
実は2012年NHKのど自慢本戦出場したことも。
(ちなみに福山雅治の「家族になろうよ」
 を歌うもサビの前で鐘がふたつ。。。(笑)) 
    
 
近頃の講演会では毎回1曲歌を歌ってて
「CD売ってないんですか?」
なんてありがたいことを言ってくださる方もチラホラ。
         
    
こんな風に歌うのは大好きだけど、
音楽ライブなんて観るだけのものと思ってて
まさか自分がやるとは思いもしなかった。
でも今年に入ってから
いつかやりたいと思うようになった。
   
 
そんなとき、3月20日、
大きなきっかけがあった。 

 スクリーンショット 2016-03-23 12.17.18
  
暖かな空気が流れるこのカフェで
友人のライブを聴いていて
自分もここで歌いたくなった。
   
スクリーンショット 2016-03-23 12.17.04 
ダメもとで9日後の誕生日である
3月29日の会場が空いているか
お聞きしたら、
16時〜19時なら貸切でも大丈夫!
ということでその場で開催決定!
     
   
これからの人生で、
何度ライブ〜をやるかわからないけど
「人生初」は1回しかない。   
伝説になる最初のライブ〜。
この場にいることが伝説になる。
   
  
最初だからこそ、失敗もあると思う。
でも最初だからこそ、感じることがある。
それは歌うぼくもそうだけど、来てくれる人も一緒。 
一歩を踏み出すきっかけになる。
 


42歳になる大切な日、
生さわとん、フルスロットルでいきます。
 

バラードあり、ロックあり、泣きあり笑いあり、
来て聞いて感じてびっくり。

 
一緒に感じましょう♪
一緒に楽しみましょう♪♪
一緒に伝説を作りましょう♪♪♪
  
楽器や歌の飛び入り参加もOK♪ 
さわとんバンド誕生も??
  
会社を早退するだけの価値はあります!
   
  
==========詳細==========
開催日:3月29日(火)
時 間:16時30分~18時30分
場 所:Dining&music スムルトロン
    世田谷区北沢2-39-13 田丸ビル2F
    http://smultron-hanako.com/shop.html
    (下北沢駅徒歩5分)
定員:20名
料金:2000円(ワンドリンク&軽めの食事付)
==========================
 
お申し込み
http://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=304246

 

※終了後、同じ会場で19時〜少人数の交流会
(2ドリンク&フード付3000円)を行います。
こちらだけの参加も可能ですので、ライブ〜に来れない方もぜひお越し下さい! 


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ