日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

イチローに学ぶ、他人や環境に左右されない方法

どうしても他人の目が気になって他人や環境に左右されてしまう



先日は、カフェありがトンNext
6名でほんわか盛り上がりました。


「このような自分のことを安心して話せる場があるって、とってもありがたいです」


参加者さんの言葉に、みなさんがうなずいていました。



今日のカフェありがトンNextではこんな質問が出ました。


どうしても他人の目が気になって他人や環境に左右されちゃいます
どうやったら他人や環境に左右されない自分になれますか?」


わかりますよねぇ〜



それに対して、参加者のひとり、ひろっちがこんな話を教えてくれました。


ichiro

「大リーグのイチローのこんな話を聞いたことがあります。

イチローは他人の成績などに左右されないように、大事にしていることがあります。

普通は、バッターは、打率を大事にします。

例えば3割とか。

でも、イチローは打率は都度変動するものなので意識しないそうです。

変動する打率ばかり意識していると、下がったときにマイナスに意識したりもしちゃいます。

そこで、イチローが特に重視しているものがあります。



イチローが特に重視しているものは、

安打数

です。


安打数は変動しません。


そして
プラスになるだけで
マイナスにはなりません。
『安打数は、プラスに積み重ねるだけ』


なんです。


だから、低くなることもありません。

積み重ねること、積み重ねたものを大事にしているそうです。


これって、社会でも一緒な気がします。


できたことや
がんばったこと
よかったことなどを積み重ねて

それを見るようにしてみては
どうかなぁって思います」


なるほど〜


その質問をした方も、他の参加者さんも、うなずきながら聞いていました。


どうしても人は人の目を気にして、無い方に目を向けてしまう。


だから、

「無くならないものに目を向ける」

これってとっても大事だなぁって思いました。


▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ