日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

自分だけで終わらない、自分を大切にする奥深さ

「自分を愛そう」


「自分を満たしていこう」


このことに
抵抗がある方って
いらっしゃいませんか?



「自分、自分って
 自分のことばっかり、、」

みたいな。



実はぼく自身も以前はそうだったんです。


自分を愛する


でも変わりました。



なぜか、、、



「自分を満たすことは
 自分だけで決して終わらない」


ということがわかったからです。



自分を満たすと
周りの人への感謝の気持ちが
あふれてきます。


自分を愛すると
周りの人や環境に対しても
何か感じるようになります。



セルフパートナーズ養成講座の
前身の自己感謝スキル道場では


━━━━━━━━━━━━━
20名中20名全員が
周りの人への感謝が増えた
━━━━━━━━━━━━━


さらに


━━━━━━━━━━━━━
20名中17名が
家族や職場での
人間関係がよくなった
━━━━━━━━━━━━━

と答えています。




本当にびっくりしました。



自分を満たすことは
自分だでは終わりません。


まわりまわって
他者を満たすことに
つながります。


しいては
社会を日本を
満たすことにつながります。



ぼくとしても
自分だけのことだったら
このテーマを扱うのは
とっくにやめているでしょう。


自分を満たすことは
社会貢献にもなるからこそ
面白いのです。



自分を満たすことの
ブレーキを外すことも
ぼくの役割です。


だからこそまずは、
自分自身のブレーキも
外しまくっている
今日この頃です。


具体例を今度書きますね。


▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ