日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

102分で「もうひとりの自分」を知り、味方にする方法

自分に自信を持って歩むには、、

対人関係をよくするには、、

どうせダメだ、をもしかしたらに変えるには、、


キーパーソンがいます。



そのキーパーソンとは


「もうひとりの自分」


です。



自分の中の
「もうひとりの自分」
の存在を
知って認めてあげることが
大事です。

自分に優しく


といっても
これだけでは
わかりませんよね。




今日は
その「もうひとりの自分」を
知って認めて味方にする方法を
お伝えします。



それは


━━━━━━━
自分の感情を
擬人化すること
━━━━━━━

です。



人(生物)には防衛本能があります。

生存するために
自分を守りながら生きています。

そのために自分の「感情くん」
が働いてくれています。


例えば、、


「恐怖くん」

という感情がいるからこそ
危険から身を守ってくれています。


「ゆううつくん」

のおかげで
外に出て過労で倒れるのを
防いでくれています。


「怒りん」

だって自分を外敵から
守っています。


嫌だと思う感情だって
必要なんです。
自分を守ってくれているんです。


こんな「感情くん」を
さらにわかりやすく知る方法が
あります。



それには
102分かかります。



それは

━━━━━━━━
ディズニー映画
「インサイドヘッド」
━━━━━━━━

を観ることです。

インサイドヘッド


先日
この映画をみて
まさにこのようなことが
形になっているなと思いました。


ライリーの頭の中には
5つの感情くんが
ライリーを守るために
色々と考えています。

ヨロコビ

イカリ

ビビリ

ムカムカ

そして

カナシミ


ときに協働したり
ときにケンカしたりしながら
ライリーを守っています。

自分を味方にする
ヒントが詰まっています。


おすすめです。


<インサイド・ヘッド予告編>
https://www.youtube.com/watch?v=DgkaF3yyeNM



▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ