日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

やりたいことに理由はいるのか

今日は

【やりたいことに理由はいるのか】

といういことで書きます。

やりたいことに理由はいるのか

ちなみにこれは
昨日のFacebookに書いて
反響が高くシェアした方も
多かったものです。


Facebookは
https://www.facebook.com/sawaton
でやっています。


友達申請ウェルカムですが
メッセージが無い場合
お受けしないこともあるので

「メルマガを見ました」

など何かメッセージを
いただけるとうれしいです。



では、本題いきますね。

ちょっといつもと
口調が違うかもですが^^


やりたいことに理由はいるのか


いりませんっ
やりたいからやる~、以上。


仲間や支援者を集めるためには、
理由があったほうが伝わります。


でもその前に、

「本当にそれを自分がやりたいのか」

が本当に大事。


人は(自分も周りの人も)
どうしてもかっこいい理由をつけたがる。
メディアの影響もある。


残念なのは、
それで理由が先行してしまって
本当にやりたいことじゃないことが
無意識にやりたいことに
なってしまったりすること。


ぼくは、
自分がうつを乗り越えたので
過去の自分と同じような
誰かの役にたちたいと
「うつ専門カウンセラー」として
6年間活動しました。

その気持ちは本当だとは思うけど
でも微妙にずれていた。


今考えると
「この理由だったら共感される」
から入ったんだと思う。

だから、
一生続けるつもりだったけど
そうはならなかった。



本当にやりたいことは
肩肘はらなくったってやりたいこと。

他人に否定されてもやりたいこと。
(全否定されたらぼくも辛いけど^^)

それには理由はいらない。

後付けだって大丈夫。



もうひとりの自分と対話して

「本当にやりたいの?」

って聞いてみて、
やりたいようなら大丈夫。


本当にやりたいことなら
いくらだって
伝える理由はでてくる。



あと、「価値」も大事だけど
価値よりも
本当にやりたいかが大事。

本当にやりたいことなら
いくらでも研究して改良するから
価値は勝手についてくる。



今のぼくにとって
「もう一人の自分」というテーマが
ただただ、やりたいこと。

研究して発信し続けたいテーマ。


「やりたいっていうだけで本当にいいの?」
っていう不安もわかるけど

「本当にやりたいことならば
色々な人や環境が味方してくれて
まぁなんとかなる」

根拠はないけど
きっと生きていける。

本当にやりたいことなら
そんな「そこはかとない自信」が
後押ししてくれるはず。


▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ