日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

「不安、恐怖、憂鬱」のメッセージ

前回のブログでは

「がんばらなくても、幸せになれる!」

に対して、
いただいたメッセージの中から
みこさんのメッセージを紹介させてもらいました。

下記は
みこさんのメッセージを
抜粋したものです。

========

人の心のなかには、
天使の部分や
悪魔のような部分、

どちらもあるのでは
ないでしょうか。

どちらもあって、自分。
もう一人の自分。

========

これを受けてぼくも
「自分の中の悪魔」
について
思うことをお伝えしました。

SPちゃん 凹みイライラ


さらにこのメール対して
また5名の方から
とても興味深い
メッセージを頂きました。


今日は
そのうちのお2人のメッセージを
ご了解いただいて
ご紹介させてもらいます。


まず、
「ポプラ」さんからの
メッセージです。


<ポプラさんより>
===========

メルマガを通して
他の方のメッセージを見ると、

「つながってる感」

がでるものだなぁと思い、
私も参加したくなりました。


「がんばらなくても、幸せになれる」

について
今の私の視点から
感じたことを
書いてみたいと思います。


私は基本、
「がんばる」
のが好きなんだと思います。

「疲れている時でも、やりたくないこと」
でも、なんかがんばっちゃうところがあります。


なんでだろうな…、


「認められたい」という思いもあるし、
とにかく「実験してみたい」
という思いも根底には
あるのかもしれません。


だから
「不安、恐怖、憂鬱」
がなければ、

生命活動そのものが
あやうくなるだろうなと、

この頃は思うようになりました。

ブレーキの壊れた車みたいに。


それで、最近は
「不安、恐怖、憂鬱も認めて活用する」

というのが、
私のテーマになっています。

==========


うんうん。

ポプラさん
ありがとうございます。


引き続いて
もうひとり、

「りん」さんから頂いた
メッセージも
ご覧ください。



<りんさんより>
====

自分の中の悪魔、
現在、身をもって
実感しています。^^;


職場でどうしても
嫌な人がいて、

その人と関わると
不快な思いをしたり、
イライラしたりと
悪魔が出てきてしまいます。


気にしないようにするのですが、
嫌なことが蓄積し、
限界を超えると

自分でもびっくりするほど
怒りの感情が
湧き出てくるのです。( ;´Д`)


本当に辛い状態なのですが、
それは自分の中の悪魔ちゃんが

「もう無理しないでいいよ」

「もう我慢しなくていいんだよ」

とメッセージを
送っているのかな~と
最近思います。


負の感情という悪魔は

自分を守る為に
サインを送っている

のだと思います。



その時は本当に辛いけど、
後になって考えると
あの時悪魔ちゃんが
助けてくれたんだと
思うことがあります。


なるべく早く
対処できればいいのですが、
ほとんどの人が無理して
我慢してしまうと思うのです。


ですから悪魔が出て来た時は、
ゆっくり休むなり、
誰かに相談するなり、
いっそのこと逃げるなり、

なんらかの対策をとり、
自分を楽にしてあげることが
大切だと思います。
^ ^

============

りんさん
ありがとうございます☆


すご~い
おふたりのメッセージ
とても似てますね~。


ポプラさんは

「不安、恐怖、憂鬱」
がなければ、
ブレーキの壊れた車みたいに
生命活動そのものが
あやうくなるかも。


りんさんは、

負の感情という悪魔は
自分を守る為に
サインを送っている
のだと思う。



表現は少し違いますが
本質は同じですよね。


不安、恐怖、憂鬱、
怒りなど負の感情が
メッセージを
送ってくれている。


そうなんですよね。


負の感情って
自分を守ってくれている。


自分を幸せに
しようとしてくれている。


そのために
メッセージを
送ってくれている。


そう思うんです。

SPちゃん逆立ち


負の感情は
無くなったらいいけど
でも完全に無くなったら、、、

きっと
それはそれで
大変なんですよね。



ポプラさん
りんさん

とても素敵なメッセージ
ありがとうございます。


▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ