日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

好きなことで、ぱ~っと生きる

9月中旬に
こんな人生テーマが決まったんです。



「好きなことで、ぱ~っと生きる」


自分のためにも、
周りの人のためにも、
社会のためにも、

自分が好きなことをして
やりたいことをして
生きたいように生きる。

SPちゃん 歌うほめる


これが大事だし
ぼくがやりたいことだということに
何年間も試行錯誤して
到達しました。


本当にこれができれば
決して自己満足で終わらず、
もっと人にも優しくなれる。


人は支え合っているという
本当のありがたみもわかる。



でも
これを本当にするには、

お金の不安、
将来の不安、
他人からの批判、

などが
もれなくついてくる。



それを乗り越えるには、

「自分が人生最強のパートナー」
であることが必要。


つまり、
「セルフパートナーズ」
であることが必須。


どんなにだれかに
反対されても、

どんなに将来が
不安になっても、

自分が自分を
信じてあげられれば、
自分が自分の
味方になり続けられれば、

きっとできる。


自分もそうなって
みんなもそうなれる社会を
創りたい。


そのためにも
もっとSP度を高めていこう、

そして

ぱぁ~っと
花を開かせていこう。


”好”きなことで
”ぱ”ぁ~っと。


略して、、、SP



SPにとこトンこだわった
人生になりそうです。


▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ