日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

「SPダイエット」の途中経過

実はぼく、
この1ヶ月間、
SPダイエット」なるものを
こっそりやってました。

SPちゃん メタボ



SPダイエット」
なんじゃそりゃ~??


言います。



S=好きなものを、
  好きなときに、
  好きなだけ、
P=ぱぁ~っと食べる


が、
SPダイエット」です^^




S=好きなことで
P=ぱぁ~っと生きる


にとっても関係しますね。



ぼくもそれなりに太る体質なので
食のこととか
ダイエットのこととか
ぼくでも色々と考えたことは
ありますが、

色々と考えた挙句、
上記でいいやぁってしました。





だって色々とやったところで

「わかっているけど、また食べちゃった」

とかっていう

「罪悪感」

が必ずついてくるから^^




=========

過食の一番の原因は

「罪悪感」=ストレス

=========


って
食のことは素人ですが
割り切りました。


ということで、
考えるのやめました。




好きなものを
好きなときに
好きなだけ
食べることにしました。



深夜1時に
冷蔵庫のプリンを食べちゃっても
OK♪


規則正しく食べなくっても
一食だけでもOK♪



罪悪感、
ほぼゼロ♪
(って思うようにした)



ってことで
1ヶ月間、得意の
自分実験してみました。




そして

その

結果は、、、








1ヶ月で
2.5キロやせました。







ぼくは結構増減があるので
まだこの数字だけで
判断するのは早いと思っていますし
数字だけでははかれませんが
いい感じのようです。




実験して
わかったことは、、、


==========
好きなものを
好きなときに
好きなだけ食べてOKとすると


結果的に

食べる量が減りました
===========






罪悪感というストレスが減ったから
結局少なくてすんだようです。



また
経過を報告しますね。




よかったら自分実験
やってみてください。



自己責任で^^


▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ