日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

さわとんプロフィール

さわとんkazuosawato
 
日本セルフパートナーズ協会代表 
セルフパートナーズ カウンセラー
 
株式会社ありがトン代表/精神保健福祉士/睡眠健康指導士上級
千葉県柏市男女共同参画推進審議会副委員長

1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。

会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。

心身ともに乗り越えた後、「以前の自分と同じような人の力になりたい」と、6年間「うつ専門カウンセラー」として活動。様々な悩みを抱えた方と日々接する中で、自分とのパートナーシップの重要性と可能性を確信し、そのスキルを「セルフパートナーズメソッド」として体系化。2015年7月、日本セルフパートナーズ協会設立。講師、カウンセラーとしてのびのび自分の人生を生きるためのサポートを行っている。

著書に「人生をやめたいと思ったとき読む本」(東洋経済新報社)、「自殺者3万人を救え!―“命”みんなで守る社会戦略」(NHK出版:共著)、「ありがトン」(サンマーク出版)。

「NHKニュースおはよう日本」、「生活ほっとモーニング」、「日本の、これから」などNHKに9回登場。日本経済新聞、朝日新聞、中日(東京)新聞、毎日フォーラムなど、多数の新聞や雑誌でも活動が取り上げられている。

趣味は歌を歌うことで、NHKのど自慢に出場したこともある。


▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ