日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

「ダラゴロ」の反響、シンガポールからも

singa

 



先日の
「しつもん~、ほんとはダラダラゴロゴロ好きな人~」

には10名の方がコメントを下さいました。
ありがとうございます。



それほど
ダラゴロ(ダラダラゴロゴロ)について
思っていたことがあったということですね。



いくつか紹介させていただくと、、、


「ダラゴロ、私も好きです。
毎日忙しくて、なかなか出来ないですが、ダラゴロは大事ですよ。
ダラゴロいけないって、誰が決めたんですかね。

毎日毎日頑張っていると、心身共に疲れてしまって、心に余裕が持てなくなってしまいます。
たまには、ダラゴロして、リセットした方が自分に優しいですよね。

日本人は、働きすぎです。
ダラゴロしてリセットしないと、いざ頑張らなきゃいけないときに、頑張りがききません。」



「今日はダラゴロするぞ!!って決めてからダラゴロすると罪悪感がないんです。
むしろ、予定通りにダラゴロして過ごせた!!
◎まる!!って思えるんです。」



「今日の
ダラゴロは
命の門番
が響きました。
やっぱり、自分が自分を否定しない
認めてあげることが大事ですね。

私は昨日の仕事は、半日でした。
しようと思っていたことはあったけど、とにかく、眠くて眠くて。
お天気がいいのに寝てしまったけど、きっと身体が求めていたのだと思いました。」





そしてなんとシンガポールからも、、、


SAWA-TON!

I strongly agree with you!!!


なんてコメントも~。


元々知っている方ですが、
シンガポールは
”S”inga”P”ore
SPの街なのでまたうれしいな^^


シンガポールとか
他の国のことももっと
知りたいなぁって思いました。




ダラゴロ、
やっぱり認めある社会をつくりたいなぁ。


こんなメッセージもいただいたんです。



「私も~ダラダラゴロゴロ好きです。(笑)
でも、どこかで~良いのかなあ~と呟く自分が居ます。何故!?何処から来る罪悪感なのか!?
本当に、何なのでしょうねえ~?(^^;」



ほんとですよね^^


罪悪感ってどこから来ているのかな。


シンプルに言えば
それが悪いって
刷り込まれて生きてきたから。




「頑張り続けないといけない」

「働き続けなければいけない」

「そうでなければ、社会人失格だ!」
「人間失格だ!」

っていうようなことが
刷り込まれてきたから、
どうしても罪悪感がでちゃうんですよね。




そんなことないのに^^


がんばってなくっても
立派な人間なのに。


ダラゴロすることで
むしろパワーも出せるのに。




社会を変えていきたいなぁ。


まずは自分から。


まずは
ダラゴロの自分を認めてあげること。


やさしい声を
かけてあげること。


ダラゴロな自分も自分。
大事な自分。


「自分のために
 休んでくれている。

ありがとう。」




ダラゴロの自分に
やさしい声をかけてあげませんか。


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ