日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

ありがとう、笑顔、その裏に隠れていませんか

ts
 
 
 
・ありがとう
・笑顔
・ピンチはチャンス
・全ては必然


これらのことは否定が難しい。
ある意味、最強。


これらを否定するわけじゃないし
好きな言葉もあるんだけど、


でも
これらによって
大切な感情が置き去りになっちゃうこともある。


「悲しい」
「悔しい」
「さみしい」
「嫌だ」
「ひどい」
「なんか違う」
「がっかり」
「値段が高すぎる」
「まずい」


率直に思ったことが
いつの間にか
置き去りになってる。

いつの間にか
以前はあったセンサーが
機能しなくなってる。

いつの間にか
最強の言葉の裏に隠してる。


今率直に思ったことが
一番大事。

一番自分。


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ