日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

あなたが大切な人にできる5つのこと−2

大切なご家族、お友達、同僚
うつなどで悩んでいたら何ができるのか。
 
「うつ専門カウンセラー」のときからの経験を踏まえ、
先日、講演でお伝えしたことをお伝えします。

1つ目の「ゲートーキーパーになろう
に続き、
 
2つ目は 

「わからないから、教えて」
   
です。

大切な人にできること2
 

端的に書きます。 
 
 
ぼくがうつのときに、
苦しかった言葉と、嬉しかった言葉。 
 
   
苦しかった言葉。
   
親友にうつのことを
カミングアウトしたら 
  
「大変だなぁ、わかるよ」
  
って、
「わかるよ」って 
話をさえぎるように
軽く言われた。
   
えっ!?
ほんとにこの苦しみが
そんな簡単にわかるのかよ、、、
  
逆に距離を感じてしまった。
   
   
 
嬉しかった言葉。
 
上司にうつのことを言ったら
こう言われた。
  
  
「澤登
正直お前の
うつの気持ちはわからない。

俺はうつになったことがないから
お前の辛さはわからない。
 
でもお前に元気に
なってほしいと思ってる。 
 
だから
何が苦しいか教えてくれ。

何をしたらうれしいか
教えてくれ。
 
わからないから、教えてくれ」
 

嬉しかった。
寄り添ってくれている気がした。
 
うつになったことがない人だけど
味方だなって思えた。 
 
 
寄り添うって難しいけど
その答えのひとつは
寄り添うこと。 
 
人の気持ちはわからない前提で
教えていただく。
 
その気持ちが
相手にも伝わる。
 
同じ目線で。

 

あなたが大切な人にできる5つのこと−3は、こちら

   

 


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ