日本セルフパートナーズ協会代表
澤登 和夫 [さわとん] のブログ

あなたが大切な人にできる5つのこと−3

大切なご家族、お友達、同僚が
うつなどで悩んでいたら何ができるのか。
  
「うつ専門カウンセラー」のときからの経験を踏まえ
先日、講演でお伝えしたことをお伝えします。
  
1つ目の「ゲートーキーパーになろう
2つ目の「わからないから、教えて」

に続き、
 
3つ目は 

「自分を人生最強のパートナーに!」
   
です。

大切な人にできること−3



端的に書きます。 
 

 
大切な人(悩んでいる人)に
できることは、 
 
実は、自分を味方にすること。
自分を大切にすること。
自分を満たしていくこと。
自分の好きを大事にすること。
         
  
自分が無理していると、
支援する際に
知らず知らずに
相手に求めてしまったり、
自分の思い通りにしたくなる。
  
 
自分を認めることが
相手を認めることにもつながる。
    
 
  
自分を知り、 
自分を認め、
自分と対話しながら、

大切な自分を知る、認める、対話する


自分を満たしていくこと。
      
これが一番大事。
  
    
  
人間関係をよくしたいのなら
まずは自分関係から。
   
 
がんばらない自分も自分と
認められる自分へ。
   
それが相手を認めることにもなり
間接的にも伝わっていく。 
  
 
  
支援者が力んでいると、
長い目でいい方向にはいかないことが多い。
    
(もちろん、
  力が入ることが大事な時もあるが
 それは人として勝手に力が入るので
 力を入れようとしなくても大丈夫)
    
   
 
自分を認めて
自分を人生最強のパートナーに!
  
それは
自分を信じることにつながる。
   
それは
それが大切な人を信じることに
つながる。

それは
大切な人が自分を信じられるようになることに
つながる。


あなたが大切な人にできる5つのこと−4、はこちら


コメントを残す

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

▲ページTOPへ

澤登和夫写真

プロフィール

さわとん
日本セルフパートナーズ協会代表、SPインストラクター。株式会社ありがトン代表。カウンセラー・講師   1974年千葉県生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。 会社員時代に過労と心労がきっかけでうつ病と診断され、以後5年半にわたり重度のうつ生活を送る。体もむしばまれ難病により大腸全摘出、さらにはマンションの最上階から飛び降りたことも。…続きを見る

書籍

「ありがトン」(コミックエッセイ) 「ありがトン」(コミックエッセイ)
出版社: サンマーク出版
絵: アウチ!

「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」 「自殺者3万人を救え!−“命”みんなで守る社会戦略」
出版社: NHK出版
共著者: 望月昭、細川貂々、藤澤克己、清水康之、佐々木久長、NHK「“命”みんなで守る」制作班

「人生をやめたいと思ったとき読む本 「人生をやめたいと思ったとき読む本 〜マンションから飛び降りたぼくがあなたに贈る 生きる力がわいてくる30のメッセージ」
出版社: 東洋経済新報社

▲ページTOPへ