桜井さちさん

SPインストラクター

「空の巣症候群」の経験をいかし「主婦の居場所:り☆ぼ~んの会」設立

桜井さち

受講のきっかけは?

もともと大きな問題があったわけではないのですが、子供が独立したあとこれから何をしたらいいのかと将来の不安に襲われ辛くなりました。早く以前の元気な自分に戻りたいと、藁にもすがるような思いでさわとんのカウンセリングを受けました

その後、さわとん主催の「カフェありがトン」にも参加し自分の悩みを話したり、他の人の様々な悩みを聴かせて頂いた事で客観的になれ、それまでのもやもやした想いでのど元までいっぱいになってしまっていた状態から、少しだけ抜け出せました。色々な想いを吐き出したことで、少し心に余裕ができた感じです。

余裕ができることで、「ただ苦しい」という状態から、「じゃあ、これからどうする?」と考えられるくらいになってきました。それで、「自分が変われるなら」という思いでSP養成講座を受講しました。

 

SP養成講座に通って、どうでしたか?

とても良かったです。

SP講座の基本的な考え方に「(自分を)知って・認めて・対話する」というのがあるのですが、それが自分にぴったりはまりました。

3か月の講座でしたが、終わる頃には、まわりに驚かれるほど、すっかり元気になりました。

講座のはじめには、「これから私、どうしよう」という状態だったのが、講座の最後のプレゼンの頃には、「ここで得た考え方を、私と同じような悩みで苦しんでいる人に少しでも役にたつことができれば」と思う様になっていました。

 

すごい変化ですね。講座の何がそんなに良かったのだと思いますか?

講座では、「自分にフォーカスする」ということを学びます。
とにかく自分を知り、対話し、大切にしていこうというテーマの講座ですから。
講座の始めは「え? 自分にフォーカスするって何?」と思いました。

それまで私は、大正生まれの躾には厳しい父の教育で「結婚したら女性は自分の事よりまずは家族を優先する事」という考え方を刷り込まれて大きくなり、結婚後は「妻には専業主婦として家庭を守りしっかり子育てをして欲しい」という夫と共に暮らしてきました。そして自分自身もそれを当たり前に思い、自分が専業主婦として特に不自由することなく暮らせている現状に満足し、感謝していました。だから、自分が急に将来を不安に感じ、苦しくなった原因が、自分のことは後回しが当たり前、家族や周囲の為に生きてきたことにあるなんて、思わなかったのです。

講座で自分を改めて見つめ直し、自分と対話するなかで、自分が「空の巣症候群」だったなぁと思い、もっと自分のやりたいことを優先して生きていいんだとに気づくことができました。

今でも、講座で学んだ「一日ひとつ、自分にありがとう」というワークを毎日実践しています。いいことがあった日も、悪いことがあった日も、がんばった自分にありがとうの言葉を書いています。

先日、テレビで精神科の先生も話されていましたが、最近英国の研究でも、自己肯定感を高める一番の方法は、「自分にありがとう」の日記をつけるということがわかったそうです。それを見た時に思わずガッツポーズをしていました。さわとんはその事をもっと前から直感的に知っていたわけですよね。すごいです。

 

さちさんは、習ったメソッドを実践して、しっかり身に付けているのですね。

はい。SP養成講座の一番いいところは、ともかく実践的だということだと思います。私も今まで、心理学や自己啓発の本は色々読みましたが、大抵は「本当かなぁ」と思ったり「それは分かるけれど、だからどうしたらいいの?」という感じで終わってしまいました。

それに比べて、SP養成講座はとことん具体的で、実践的です。そして、新たなスキルをプラスするということではなく、元々ある自分の良さに気付き、それを活用するという考え方だから、誰にでもできるし、効果も出やすいのです。しかも、紙と鉛筆以外、なんの道具も要らないんですから、とってもお奨めです。

 桜井さちさん2

 

それで、今度はそれを人に伝える側になられたのですよね。

そうなんです。自分と同じように「空の巣症候群」で苦しんでいる方、もやもやした想いを抱えている方に、その想いを吐き出してもらえる場をつくろうと「主婦の居場所:リ★ボ〜ンの会」というのを立ち上げました。そこで月に1回、茶話会を開いています。以前自分が「カフェありがトン」で気持ちが楽になったように、今度は誰かの力になれたらと思って。茶話会の後半に「自分と対話」の方法(SP メソッド)を伝えていけたらと思って、活動中です。

専業主婦の方は、「私はずっと主婦しかしていないし……」と自信のない方も多いと思いますが、私は主婦の仕事ってすごいと思います。料理を作るのだって、細かいプロセスを考えて、効率的にやることが必要ですし、子育てに至っては、肉体的にも精神的にも相当鍛えられますよね。

本当はすごい力を持っている主婦の方に、もっと元気になってもらって、社会に羽ばたいていき、さらに回りの人を元気にしていってくれたらいいな、と思っているのです。

 

講座を受けようか迷っている方などにメッセージなどありましたら、お願いします。

この講座は、「一歩踏み出す」きっかけになると思います。入門講座は短時間でリーズナブルなので通いやすいと思います。まずはそこから門戸を叩いてみてはいかがでしょうか。

SP養成講座を受けて、一番良かったのは、やはり自分と対話ができるようになったことです。このメソッドを身につけたら、将来への不安も不安と思わなくなります。なぜなら、落ち込んでも、自分で自己解決して、先に進むことができるからです。自分が味方になることで、本当に人生が変わると思います。一生使えるメソッドです。

インストラクター養成講座は、初めから仕事に活かしたいと思ってくる方もいますが、自分の為に始めた方でも学ぶ内に、「このメソッドを、今度は伝える側になりたい」と新たな一歩を踏み出すきっかけになることもありますね。

 

本日はお忙しいなか、お話を聴かせて頂き、ありがとうございました。

桜井さちさんは、お孫さんがいるとは思えない、かわいらしい方でした。
そして、少し前までカウンセリングを受けようと思うほど
悩んでいたとは信じられないほど、素敵な笑顔を絶やさず、
周りを鮮やかな色に染めるような明るい雰囲気を醸し出されていました。
こんな方が中心の茶話会なら、気軽に参加できそうです。

是非、「子供が独立してから、なんだか心に穴が空いたようで……
という方は、リ★ボ〜ンの会のサイトも覗いてみてくださいね。
 
(インタビュアー:ライター遊部香さん

 

 

甲賀ようこさん

SPインストラクター

スクリーンショット 2015-07-06 6.00.03

甲賀さんは、2015年2月からSP養成講座を受講され、2015年4月からSPインストラクター養成講座を受講、6月にSPインストラクターとして認定されました。このインタビューはSPインストラクターとして認定を受けた数週間後、2015年6月に行ったものです。

 

SP養成講座の受講を決めたポイントは何だったんですか?

当時、自分を変えたくって藁をもすがる思いだったんです。周りの人からは「今のままで十分いいじゃん」って言われていたけど、自分の中では、違う違うと感じていました。いつも満たされない自分がいました。そんなとき、さわとんとご縁がありメルマガを読むようになって、入門講座のことが書いてあったのでこれはと思い、まず入門講座に参加しました。
 
その入門講座がとてもためになりました。自分の新たな一面も発見できたし、雰囲気もあたたかくてとてもよかったんです。そこでさわとんとの個別セッションでじっくりお話ししたところ、SPインストラクターとして活躍する道もあることをお聞きしました。前から何か人のために力になりたいと思っていたし、インストラクターとして今の仕事とは全く違った自分らしさを出せるような気がしました。受講料は決して安くはありませんでしたが、自分への投資…と考えれば、高いとは思いませんでした。講師として自分を高めながら色々な意味で豊かになれそうな可能性を感じました。そこで、SPインストラクターになる前提で、まずSP養成講座を申し込みました。数年前の本当に苦しかった出来事での相手を許して区切りを付ける、ということも大きな自分のテーマとして講座にのぞみました。

 

SP養成講座で、特に印象的だったことは何ですか?

私は特に、ワークの内容と、同期の仲間の存在、Facebookの秘密ページでの投稿がよかったです。
ワークで印象的だったのは、自分のこころの黄色信号、赤信号について考えるワークでした。私は、今までは黄色信号がほとんど無かったことがわかりました。どこがサインかわからなくて知らず知らず無理をしていました。今ではこころや体の声を大切にして、黄色信号に気づけるようになってきました。例えば受講前は自分が忙しくても出かける前にできる限り家族の料理を作っていましたが、結局食べてくれなかったりするとイライラして爆発していました。受講して黄色信号に気づいてからは「料理は作らなくてもいいや、あとは食べたかったら自分たちで食べてね」と言えるようになって、爆発しなくなりました。家族との関係もお互いが無理なく尊重しあえるようになって、むしろよくなったんです。
 
同期は私の場合は20代、30代、40代とそれぞれ世代が違っていたんですが、それが逆によくって色々な考えを聞くことができました。みんなも色々とあるんだなぁっていうこともわかりました。仲間の存在は、枠に捕われていた自分が自然と解放されるための原動力でもあったんです。家族や職場の同僚ではない、遠くはないけどすごく近くはない存在だったからこそ、無理なく自分を出せてよかったのかなとも思っています。

SP養成講座を修了して3ヶ月が経ち、特に変わったと思うことを教えてください。

講座修了時は、自分への自信や自己肯定感、そして自分の存在への感謝の気持ちが増えたことを感じていました。
そして修了から3ヶ月が経ち、今はそれに加えて、人生がのびのび生きやすくなったこと、凹んでも回復が早くなったこと、物事の受け止め方が柔軟になったことなどを感じています。
 
一言で言うと「満たされたなぁ」って自分で思います。家族にも「最近のママは満たされ感があるもんね」って言われたんです。職場でも以前だったらあいさつを返さない人がいたら、「何だよ、せっかく挨拶したのに」って不快に思ったりしていましたが、今では「この人大丈夫かな、色々とあるんだな」と相手を冷静に受け止めることもできてきるようになったんです。
また、前は人の目を気にして「あの人にとって自分ってなんなんだろう、自分がどんな存在だとあの人は喜ぶんだろう」って知らず知らず人にあわせてきていましたが、今はそれがどうでもよくなってきました。自分がしたいように接して、それでうまくいかなかったらそれはご縁がなかったんだなぁと思えるようになりました。すごく考えが柔軟になったなぁと思います。
 
講座を受講した時には、過去の苦しかった出来事に対して相手を許して区切りをつける、ということがテーマだったのですが、今では「そんなの関係ないや」という気持ちに変わりました。「許す、許さないは後ろ向き。今はもう前を見ているからもういい。区切りをつけようと思っていたけれど、そんなのいいや」と思えるようになりました。区切りをつけないと進めないと思っていたけれど、講義やワークなどによって自分を知って認めることができるようになったら、無理に区切りをつけなくても前に進めるんだっていうことがわかりました。

kogayoko1

そしてSP養成講座修了後、すぐにSPインストラクター養成講座を受講されたんですね。SPインストラクター養成講座で印象的だったこと、得たことはありますか? 

講座の中では、実際に講師役、受講生役に分かれてロールプレイングをします。受講するまでは、講師に最も大切なのは「発信力」だと思っていたのですが、実際にやってみると、「発信力」と同じくらい「受け止め力」が大切なんだと痛感しました。自分が「発信」したことを受講生の方がどのように感じたかをその瞬間に鮮度の良い状態で「受け止める」。そして、「受け止めた」ということが相手に伝わることにより、初めて信頼関係が生まれる。「受講生<講師」 では無く、「受講生=講師」なんだなぁーと、気づかされました。

最後に、SPインストラクターとして、SP養成講座がどんな方へおすすめか、その方々へのメッセージをお願いします

私は「まず強くならなきゃいけない」とずっと思ってきましたが、受講後は「強い自分」も愛しつつ、「弱い自分、ダメな自分」の存在も認められるようになりました。今では「弱い自分、ダメな自分」が愛おしく思え、そんな自分の出現頻度が自分の成長のバロメーターになっています。自分に対して厳しい人、頑張ることをやめられない人、人に甘えるのが下手な人…ほんの少し気持ちを緩めることで、きっと見えるものが変わってくると思います。
 
自分を変えることって、たぶんとっても難しい。でも、自分を違う角度から見ることは、実は容易く出来ます。違う角度から見てみると、何が足かせになっているのか、何処が悲鳴をあげているのか、驚くくらいにハッキリ見えてきます。その角度の見方をSP講座で習得することができます。
「弱い自分、ダメな自分」が、早くあなたに認めてもらいたい…」と叫んでいますよ。

 


 

中村亜也子さん

認定セルフパートナーズ(SP)

スクリーンショット 2015-07-06 6.02.58

 

中村さんは2015年2月〜、SP養成講座を受講されました。このインタビューは修了から3ヶ月後の2015年6月に行ったものです。

SP養成講座の受講を決めたポイントは何だったんですか?

2014年の秋頃から仕事でも色々あって、一喜一憂する日々を送っていました。もっと自分ならできるはずと自分を鼓舞していましたが、それも限界にきていました。そんなときにさわとんとお話する機会があって、さわとんに気持ちを話したら私のことを受け止めてくれて、ずっと出なかった涙が出たんです。それでSPにも関心を持ち、まずは入門講座を受講しました。そこで参加者の皆さんといくつかのワークをしてみたら、「あっ、なんか私でもできそう、変われるかも」って思い、SP養成講座を受講することを真剣に考え始めました。
 
でも、実は不安もあったんです。私は自己啓発セミナーには色々と参加してきたほうだと思うんですが、いくらそのときは満足度が高い講座でも、どれも習慣化はできなかったんです。だから、参加しても変わらない自分だったらどうしようっていう気持ちも大きかったんです。
 
でもその不安を和らげてくれたのが、入門講座でのフォローアップメールでした。講座の翌日から1週間毎日送られてきたメールが復習にもなって嬉しくって、メールがあった1週間はいつもと違う毎日が送れたんです。SP養成講座でもこのようなフォローアップメールがあると聞いて、これなら変われるのではという気持ちが高まり、思いきって講座に申込みました。

実際に受講してみて、どうでしたか?

最初の頃は、講座はとても楽しいし学びも多くてよかったものの、家では不安定になることもあって、やっぱりまた習慣化できないのかなぁって思ったときもありました。今考えると、前の自分から変わろうとするために必要なことだったのかもしれません。
 
そんなとき、支えになったのが毎日の課題と同期の存在でした。講座では自分についての課題が出るのですが、それを毎日Facebookの秘密グループページに投稿することができます。毎日やるようになっていろんな自分に気づくことができるし、1日を振り返ることができるので良いイメージで次の日を迎えることができるようになっていきました。
 
私は同期が3名だったのですが、そのFacebookのグループページで同期の方の投稿を見て、「あっ、こんな考えもあるんだ」ってヒントをもらったり、自分の投稿に対してコメントをしてくれるのがすごく嬉しくて支えになりました。普段は決して話さないような深いこともお互いに少しずつ投稿するようになっていって、そうすると自己開示しているから自分を飾らなくていいし、お互いを評価しないでただ受け止めあえる安心安全な関係でした。仲間がいるから一人じゃない、また頑張ろうとも思えました。このことが自分を受け入れることにもつながっていったんだと思います。同期のみんなとは、今でもそのページで投稿しあったり、毎月のように会って楽しい時間を過ごしています。

 

他に講座で印象的だったことはありますか?

色々ありますが、特に自分への手紙が印象的でした。講座では過去の自分への手紙を書くというワークがあります。正直最初は、えっ、と思いましたが、これがとてもよかったんです。昔のことを思い出したりするのはちょっと苦しかったけど、自分と向き合う貴重なきっかけになって、深い部分で自分を認め、自分らしさの根底を受け止めることができました。「自分が悪いんじゃない、過去の刷り込みに影響を受けている」という考えも最初はかなり大きな衝撃だったけど、それを知って自分を認め受け入れることができたのでとても楽になれました。なかなかひとりではできない作業だったので、講座のワークとしてこのような機会があって本当によかったです。講座の最終日のSP発表会に向けて、自分を振り返ってまとめることができたのもすごくよかったです。

講座を修了して、特に変わったと思うことを3つ教えてください

まず、人生がのびのびと生きやすくなりました。知らず知らず人にあわせていたのが、自分が本当にやりたい、ありたいという基準で考え行動できるようになりました。
また、自己肯定感がアップして自信が持てるようになりました。何か自分がレベルアップしたというよりは、「あっ、こんな自分でもいいのかも」って、今の自分にOKを出せるようになった気がします。
そして、自分に対する感謝の気持ちが増えました。以前はそんなこと思ったこともありませんでしたが、これまで30年以上も共に歩んで支えてくれたこの体や自分自身に感謝の気持ちがわいてきて、前よりも自分を大事にして、自分のこころの声を聴くことができるようになりました。

SPkoza-4

講座を修了してから3ヶ月ほど経ちますが、その後の変化はいかがですか?

物事が習慣化されて長続きするようになったことに驚いています。3ヶ月経っても自分の日々のよかったことを見つけたりすることを日々行っていて、やらないと気持ち悪いくらいに当たり前になりました。どうせ習慣化されないのでは、、、と思っていたことがSP養成講座では見事に裏切られびっくりしています。

あと、私は「変化」したいと思ってるのに実際行動に移そうとすると不安や恐怖でいっぱいになり決断できない、結局何もできない…そんな自分が嫌いでした。講座では個別カウンセリングもあり、そこで悩みを聞いてもらいました。こういった細やかなフォローがあり、自分と向き合い、気持ちや行動の整理が今では一人でも少しずつでき、納得した答えを自分で出すことができています。
 
実は先日、久々にもやもやした気持ちになって、よくわからない落ち込みでやる気が急降下したんです。そこで久しぶりに講座で習得したワークをやってみました。そしたら、悩みの原因がわかってスッキリしたんです。自分の「ありたい」を大切にしていこうって改めて思うことができました。SPメソッドの奥深さを講座が修了してからさらに感じています。

最後に、SP養成講座がどんな方へおすすめか、その方々へのメッセージをお願いします

私自身、今までいっつも満たされない気持ちがうごめいて、、、それを誰かに求め続けて深みにはまっていました。そんな人生から抜け出したい、という方にこころからおすすめします。
私は、「これまで生きてきた自分を認められた」感を持てるようになり、あったものにも気づけるようになりました。仕事も含めた将来への不安もゼロではありませんが、まぁなんとかなるかなって思えるようになりました。
私自身、SP養成講座に参加することによって人生が変わったというか、見る視点が広がって、自分にNOがなくなって生きやすくなりました。本当につらいときってつらいって言えない方もいると思うので、私もSPの仲間として応援させてもらえたらうれしいです。

▲ページTOPへ


<日本SP協会公式テーマソング>
卒業生インタビュー

桜井さちさん
SPインストラクター
(「空の巣症候群」の経験から「主婦の居場所:り☆ぼ~んの会」設立)

甲賀ようこさん
SPインストラクター
(無理に区切りをつけなくても、前に進めるようになった)

中村亜也子さん
認定SP
(人に合わせていたのが、自分が本当にやりたい基準へ変化)


<Facebookページ>

▲ページTOPへ